日常にあふれるのぼりの種類

現代におけるのぼりの目的は、もっぱら「宣伝」です。

これから商売を始めたいという人は、この「のぼり」の効果について知っておくことは商売繁盛のきっかけになるかもしれません。

今回はのぼりの種類について把握しておきましょう。

まず、標準的なのぼり。

特に大きさの基準はありませんが、縦長の形で、長辺と上辺をとめて店舗の前にポールを使って設置します。

色使いや文字の形によって与えるインパクトは様々です。

ミニサイズのぼりは、テーブルやカウンターの上に設置できるとても小さいのぼりです。

ハーフのぼりというのも室内用ののぼりとなります。

特殊なものでいうと、「奉納のぼり」でしょうか。

これは6メートルの長さがある、神社などで用いられるとても大きなのぼりです。

このほかに大相撲や歌舞伎においても四股名や演者の名前が描かれた派手なのぼりが必須となっていますよね。

そもそものぼりは平安時代に軍用として生まれた旗のことですが、現在はのぼりをもっと発展させ高い宣伝効果を狙った「アドバルーン」も郊外で良く見かけます。

ついつい人が惹きつけられる、というのが宣伝の最大の目的ですので、商売を考えているなら、店の雰囲気に合わせてのぼりを選ぶ必要が出てきそうです。

< 関連情報サイト>
NHK放送文化研究所

Copyright (C) www.shastaportal.com. All Rights Reserved.

いろいろあるのぼり