のぼりを効果的に使おう

日本独自の文化とも言えますが、宣伝ツールとして「のぼり」の存在は無視できません。

様々な店で工夫を凝らしたのぼりが掲げられていますね。

のぼりは既製品もありますが、デザインを一からオーダーすることも可能で、最近ではインターネットでもいくつもののぼり専門店がオリジナリティをアピールしています。

のぼりは日本の商売において欠かせないものとなっていますが、効果的に使うにはどのような事を意識する必要があるのでしょうか。

まず、のぼりの設置数です。

これは宣伝効果を上げようと、むやみやたらと数を並べれば良い、という考え方ではいけません。

1.8メートルほどの間隔を作り、「見やすく」配置することがポイントです。

色はこれもまた派手すにれば良いというものではありません。

例えば単色の中に白抜きで文字が入っているというシンプルなものがインパクトを与える、という見方もあるのです。

のぼりの文字についても、アピールしたいことが人目で分かると車の中からでも読み取りやすく、宣伝効果は高まるでしょう。

例えば安売りをアピールしたいなら金額も入れる、という工夫ができます。

そして気を付けたいのは、のぼりの「色褪せ」です。

これは悲しいことに「逆アピール」にもなりかねません。

いくらきれいな店でも、のぼりが色褪せていてはイメージダウンは免れませんね。

< 関連情報サイト>
NHK放送文化研究所

Copyright (C) www.shastaportal.com. All Rights Reserved.

いろいろあるのぼり